宮城県の水産業

石巻市×(一社)フィッシャーマン・ジャパン石巻市×(一社)フィッシャーマン・ジャパン石巻市×(一社)フィッシャーマン・ジャパン

Home > 宮城県の水産業 > 宮城県の漁業関係

FISHERY宮城県の漁業関係

宮城の水産業の特徴

 宮城県は、全国屈指の水産県です。本県の沿岸地域は、県の中央部に突出した牡鹿半島を境に、北は複雑な屈曲を有するリアス式海岸、南は一部松島湾を除いて平たんな砂浜海岸が仙台湾を形成するなど地形的な変化に富んでおり、ノリ、カキ、ワカメ、ホタテ、ギンザケなどの養殖業やサケ、タラ、カレイなどを対象とした刺網漁業、小型底びき網漁業などの漁船漁業が盛んです。
 一方で、本県沖合は親潮と黒潮がぶつかる生産性の高い海域であり、金華山・三陸沖漁場は世界3大漁場としても有名です。
 また、本県には142の漁港と9か所の水産物地方卸売市場があり、気仙沼、志津川、石巻、女川、塩釜は、沿岸・沖合・遠洋漁業などの漁船漁業の基地であるとともに、魚市場などの流通機能や水産加工業が集積する水産都市となっています。

宮城県水産試験研究機関・産地魚市場(漁港)位置図凡例

 水産試験研究機関の復旧状況

 県内の水産試験研究機関は、内水面水産試験場を除き壊滅的な被害を受けましたが平成28年にはすべての施設の復旧が完了しました。
 3隻の漁業調査指導船「蒼洋(19トン)」、「拓洋丸(120トン)」、「新宮城丸(450トン)」も被害を受けました。震災後は2隻体制とし、「開洋(19トン)」と「みやしお(199トン)」を建造しました。


水産試験研究機関の概要

水産試験研究機関の位置図水産試験研究機関の位置図水産試験研究機関の位置図

水産試験研究機関の位置図

水産技術総合センター(本所)
〒986-2135 石巻市渡波字袖ノ浜97-6

 本県中・南部地域における水産業の復旧・復興業務をはじめ、養殖業に係る技術の指導・改良・開発や調査船による漁業資源調査・海洋観測、仙台湾や松島湾などの漁場環境調査、魚病等に係る調査研究及び水産物利用加工の試験研究などを行っています。

水産技術総合センター 気仙沼水産試験場
〒988-0241 気仙沼市波路上岩井崎107

 本県北部地域における水産業の復旧・復興業務をはじめ、気仙沼湾、志津川湾での漁場環境調査、貝毒原因プランクトンのモニタリング調査、ワカメ、ホタテ、カキ、ホヤ等の養殖技術の指導・改良・開発、アワビ・ウニ類等の資源管理・増養殖技術の開発などを行っています。

水産技術総合センター 気仙沼水産試験場

水産技術総合センター 内水面水産試験場
〒981-3625 黒川郡大和町吉田字旗坂地内

 河川及び湖沼の水産資源に関する調査研究、増養殖技術の改良・普及指導、ギンザケ、イワナ、サクラマスなどの育種や継代飼育を行っています。

水産技術総合センター 公開実験棟
〒986-0022 石巻市魚町2-2-3

 原料の処理から加工製品を作る設備などの機械設備を多数導入し、水産加工業者との共同研究、製品開発・改良等への技術支援・6次産業化への支援などを行っています。

水産技術総合センター 公開実験棟

水産技術総合センター 種苗生産施設
〒985-0812 七ヶ浜町松ヶ浜字浜屋敷142-1

 栽培漁業の拠点としてアワビやアカガイの種苗生産、ヒラメの中間育成などを行い、種苗の配布や放流を行っています。

水産技術総合センター 種苗生産施設

漁業調査指導船・漁業取締船

  • 漁業調査指導船「開洋」

    漁業調査指導船「開洋」

    総トン数
    19トン(長さ 15.90m、幅 4.30m、深さ1.50m)
    主機関
    ディーゼル機関610kw
    最大速力
    17.9ノット
    航海速力
    15.1ノット
    乗組員
    5名
    竣工
    平成25年3月27日
    調査海域
    沿岸域
  • 漁業調査指導船「みやしお」

    漁業調査指導船「みやしお」

    総トン数
    199トン(長さ 36.07m、幅 7.60m、深さ3.20m)
    主機関
    ディーゼル機関1,471kw
    最大速力
    14.5ノット
    航海速力
    13ノット
    乗組員
    16名
    竣工
    平成26年3月31日
    調査海域
    沖合域
  • 漁業取締船「うみたか」

    漁業取締船「うみたか」

    総トン数
    61トン
    竣工
    平成27年11月27日
    取締海域
    宮城県沖合海域
  • 漁業取締船「うみわし」

    漁業取締船「うみわし」

    総トン数
    55トン
    竣工
    平成12年8月25日
    取締海域
    宮城県沖合海域

試験研究の主な取り組み

  • 試験研究の主な取り組み

     気仙沼湾、志津川湾、仙台湾、松島湾などの水質・底質などの漁場環境調査を行っています。

  • 試験研究の主な取り組み

     子供達・一般市民を対象としたワークショップ等で、魚の年齢の調べ方、資源管理の重要性などについてわかりやすく説明するなど、試験研究成果の普及啓発を行っています。

  • 試験研究の主な取り組み

     高品質なカキを新しい養殖技術で生産しています。生産されたカキは「あまころ牡蠣」として東京のオイスターバーなどに出荷され、大変好評です。

  • 試験研究の主な取り組み

     アワビ、ウニなど岩礁域の水産資源を継続的に利用できるように調査研究を行っています。

  • 試験研究の主な取り組み

     加工企業からの相談に対する技術的支援などを行っています。

  • 試験研究の主な取り組み

     全雌三倍体イワナ(伊達いわな)の種苗生産・配布と普及、ギンザケ高成長系統の作出等を行っています。

関連サイト
宮城県 水産業振興課 

みやぎ海とさかなの県民条例 年次報告
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/suishin/nenji1.html

メニュー
閉じるボタン